カマグラゴールドは日本人には用量が多い

たくさんの薬

ED治療薬は医療機関で処方してもらうことができますが、医療機関で購入する薬は決して安くはなく継続して治療を続けるのが難しいと感じている人もあるのではないでしょうか。
より費用を抑えて治療を続けるのであれば、海外医薬品の個人輸入にも注目してみてはいかがでしょうか。
個人輸入では日本ではまだ販売されていない薬やジェネリックも購入することができますし同じ効能が期待できる薬も医療機関とよりもかなり安く購入できることが多くなっています。

個人輸入のED治療薬で特に人気の薬にカマグラゴールドがあげられます。
日本ではまだ販売されていない薬ですが、医療機関で処方されている同様の有効成分であるED治療薬と比較してもかなりの激安価格となっており、より無理なくED治療を続けることができます。
購入も通販のような感覚で注文ができ、輸入の知識がないという人にも入手しやすくなっています。

カマグラゴールドを利用する際に注意したいのは、この薬はそのまま飲むと日本人には用量が多すぎるということがあげられます。
それゆえ、そのまま飲んでしまうと鼻づまりやほてり、頭痛などの副作用がより強く出てしまう可能性があります。
多く飲めば勃起力が高まるというわけではありませんので、安全に使うためにも正しい用量を守りましょう。

カマグラゴールドの有効成分の含有量は100mgとなっていますが、これは体の大きな外国人男性に合わせた用量となっていますので、小柄な日本人では成分が濃厚過ぎると言えます。
同成分の日本で処方されている薬は50mgまでとなっていますので、安心して服用するためにもその用量を超えないようにしましょう。

カマグラゴールドを購入するのであれば、一緒にピルカッターを用意しておくことがおすすめです。
ピルカッターがあれば半分や四分の1などに簡単にカットすることができ、体質に合わせて調節することができます。
まずは少な目の用量から始めて、それぞれの体質に合う用量を見つけていきましょう。

カマグラゴールドの副作用を事前に知っておく

カマグラゴールドを使用すると勃起力が強くなり、1度のセックスだけではなく、2度や3度と続ける事も出来ると言われています。
薬効が強いのでこうした勃起力を期待出来るわけですが、その反面色々な副作用が生じるリスクを持ちます。
カマグラゴールドは勃起力成分量が100mgになります。

身体の大きな外国人にはちょうど良い成分量と言われていますが、日本人は身体が小さいため、ピルカッターを使って半分にして服用するのがお勧めです。
100mgのままでも大丈夫と感じる人も多いかと思われます。
50mgの服用を行った場合でも鼻づまりや顔のほてり、目の充血、そして頭痛などの副作用が生じるケースが多い、倍の量にすればその作用はさらに強く出てしまうリスクもあるわけです。
医薬品は用法や用量を正しく守る事が重要などからも、カマグラゴールドを使う時には用量を調節して服用するようにしましょう。

ちなみに、カマグラゴールドの副作用の中でも鼻づまりや顔のほてりなどの症状は大半の男性に現れるものだと言います。
頭痛などの症状も頭がぼんやりとするような軽度のものですが、頭痛が心配な人はピルカッターで4分の1のサイズにして試してみる、もしくは頭痛薬を併用する方法もあります。

但し、半分や4分の1の量にしたからと言って副作用がゼロになるわけではありません。
カマグラゴールドは勃起力を向上させる医薬品で、こうした医薬品は血行を良くする働きを持ちます。
血液の流れが強くなると、頭痛や鼻づまり、顔のほてりや強い圧迫感などの副作用が現れやすくなるわけです。

尚、これらの副作用は次第に弱くなり、次第に収まるようになります。
ちなみに、カマグラゴールドを購入するお店は信頼出来る個人輸入代行店を使うようにしましょう。