ED治療薬を服用するとハゲになるんでしょうか?

悩む男性

ED治療薬を服用すると男性ホルモンの量が増えてハゲになるという噂がありますが、結論から言えば根拠のないものです。
ED治療薬を使うとハゲるという話が出てきたのは男性ホルモンに作用するといったことからですが、そもそもED治療薬は男性ホルモンを増やすことはありません。
男性のハゲの場合の原因、つまりAGAは男性ホルモンでもDHT(ジヒドロテストステロン)が影響しているものです。
DHTの元になる男性ホルモンはテストステロンであり、このためテストステロンを消費してDHTが作られています。
このような結果から男性ホルモンの量が増えればDHTも増えるのでハゲると考えられています。

一方でED治療薬では男性ホルモンの分泌量を増やすことはなく、男性器の血管を拡張させて勃起をしやすくするものです。
このためED治療薬は男性ホルモンに与える影響はありません。
ただし影響はないといっても実際にハゲになる可能性には別の理由があります。

それはED治療薬によって男性機能が回復し、これによって何度も性行為をするようになると射精に必要な栄養素が消費されていきます。
代表的なのはセックスミネラルと呼ばれる亜鉛不足、また精液を作るために必要なタンパク質がなくなります。
これらの栄養素は毛を成長させるためにも必要で、これが奪われることによりハゲになると考えられます。

特にED治療薬はあくまでも勃起をしやすくするというものであり精力を高めるわけではありませんから、性行為に及ぶ場合には必要な栄養素を十分に補給することが大切で、それが薄毛防止にもつながります。
また薄毛やハゲが気になる場合にはプロペシアを使用してみるのも改善策の一つです。
AGA治療薬のプロペシアは男性ホルモンの分泌を抑制しますし作用する仕組みも異なるのでED治療薬と併用可能です。
反対にAGA治療薬のプロペシアの場合にはDHTを抑制することによってテストステロンが消費されず、このためテストステロンの分泌量が低下してEDになる副作用があるとされています。
このような場合にはED治療薬を使って治療を行うこともあります。

ED治療薬とプロペシアは併用可能です

ED治療薬とプロペシアは併用できるので、EDと薄毛の同時治療ができます。
男性ホルモン分泌が多い男性はハゲになりやすく、ED治療薬はあくまで血行促進が目的なので心配はいりません。
ただし薄毛防止を実践した場合は、男性ホルモンの分泌量が増えて男性機能が減退する可能性はあります。
普段からタンパク質とセックスミネラルの亜鉛不足解消に努めておきましょう。

ED治療薬と併用可能なプロペシアは、男性ホルモンを抑制する作用があります。
そのため性欲・射精感が減退したという声がありますが、精力増強に役立つ栄養素をバランスよく摂取していれば影響は最小限に抑えられるでしょう。
セックスミネラルの亜鉛は精力増強・薄毛解消の双方にとってメリットがあるため、1日15mg程度は摂取してください。

ED治療薬とプロペシアは医師の処方薬なので、処方を受ける場合は飲み合わせの確認をしておく必要があります。
体質によってはプロペシアは服用できるけど、ED治療薬は不可となる場合もあります。
市販薬とは効果がまったく違うため、服用においてはより慎重になる必要があるわけです。
服用できない薬を飲んでしまうと、副作用が強く発生する場合がありますし、健康被害を招くこともあります。

メンズクリニックは男性の悩み全般に対応しているので、こうしたクリニックでEDと薄毛治療を受けるのがおすすめです。
複数のクリニックを併院するよりも、一つのクリニックに絞ったほうが治療はスムーズですし、医師に話が伝わりやすくなります。
いずれにしてもEDと薄毛は放置して改善することは少なく、特に薄毛は容姿にも影響するので注意が必要です。
精力が減退してきた、髪が薄くなってきたと感じたときが治療のタイミングです。